夏タイヤフォレスターにおける冬道性能【フォレスター奮闘記】

【フォレスター奮闘記】タイヤ交換できず…の通り,未だ夏タイヤのフォレスターに乗っておりますon-chanでございます。(明後日ホイール交換・タイヤ交換出来そうです。)
本日小樽市では初雪・積雪となり,怖い思いをしました。
まあ,この記事を書けているのですから,無事生きております。

決死のドライブ

昨日・今日と仕事で札幌に行く用事がありました。
(注)決してラーメンを食べに行ったわけではありません。仕事がメインです。
昨日は天気も良く,路面も乾燥しており,非常にドライブしやすかったです。
しかし今日「雪が降る」との予想。タイヤを変えたくても変えることのできない私のフォレスター。まずいぞ…。
昼,出発1時間前,恐れるべきことが起こりました。

雪が降ってしまいました。それも積もっているのではありませんか。

「張碓には気をつけなよ」というアドバイスを受け,ノロノロ運転で札幌に向かいました。
札幌は幸いなことに路面での積雪はなかったので,怖い思いをしませんでしたが,帰りの道中はそれこそ決死の思いでした。
札樽道情報では「銭函〜小樽 凍結 冬タイヤ装着」の掲示。
わかってますとも。それぐらい。
札樽道は張碓辺りがなかなか強者でした。
高速道路を降りてから,細い道に入ると雪が。
「ウォッ」ッという感じで運転。坂道(特に下り)はヒーヒー言いながら運転しました。
まあ,無事到着できたのも,フォレスターの実力ありきだな,と強く思いました。

フォレスターの冬道性能

フォレスターだったから何とかなったのは,何点か考えられます。

  1. 最低地上高の高さ。これが高いので運転も安定します。思ったより安定感がありました。
  2. タイヤの太さ。タイヤが太いからこそ,運転に安定感があり,横滑りもほぼなかったです。1度だけ,自宅近くのカーブで横滑り危険サインが出たぐらいでした。
  3. エンジン性能。パワーがあるので,雪道での走行も苦にしませんでした。

ホント,フォレスターにして正解でした。夏タイヤでも冬道性能の高さがわかりました。燃費は悪いですが,走行安定性の高さはやっぱり大事ですね。軽4駆にしないでよかったと強く思いました。
ま,日曜日冬タイヤに変えます。月曜日は峠越えしなければならないので。

最後に

タイトルが何となく変わったように見えるかと思います。
検索エンジン・アナリティクス閲覧対策のため,【】部分を後ろに回すこととしました。
今後とも当Blogを読んで頂ければと思います。
よろしくお願いいたします。

コメント